商品説明

size:28cm x 16cm x 31.5cm 初代尚古斎は、煎茶道が盛んな大阪にて唐物写から独自の創作性を作品に取り込んだ籠師として活躍。丁寧に編み込まれたこちらの提げ籠は、唐物の精緻な雰囲気を残しつつも、格式ばることのない柔らかな姿をしており、使い手である人に想いを馳せながら制作したのかもしれません。持ち手部分は今なお堅牢で、また多少傷みはあるものの、内布の緞子は鮮やかな色を留めています。

提手付茶籃 初代早川尚古斎
夢工房
合計
オークション
展示