商品説明

size:4cm x 10cm

落ち着いた光を放つ、まるで月のような静かな佇まいを感じる素敵な茶入れです。丹念に打たれた表面の鎚跡はそれぞれが違った表情をしており、取り込んだ光を鈍く乱反射することで、その輝きを穏やかで美しいものに変化させています。薄く加工された茶筒は軽やかに手に馴染んでくれます。どのようにすれば、美しくありながらもお道具として扱い易いのか、考え抜かれて制作されたものなのでしょう。その存在を主張しすぎず、けれどバランスよく出来ており、他の古い茶道具とも相性が良さそうです。

南鐐茶入 長谷川一望斎(春洸)
夢工房
合計
オークション
展示